玉島の街並み保存地区での歴史の面影をたどるひと時

羽黒神社 広島県

玉島町並み保存地区は玉島の船穂にあり、私の家からも1時間くらいです。どこか気軽に行きたい所を探していて、そうだ久しぶりに玉島にいきたいと思いつき、古い町並みが素敵なので、海に面していて、玉島というだけあって玉島港があり、そこで昔は南側の千石船が入港していた、船着き場もあり、県の街並み保存の地区に指定されています。

千石船の絵の描いた橋や、そこからの風景は最高です。開けたところですこし車をとめて休憩をしました。

風が気持ちがよく少し天気がよくて暑くてでも風が気持ちいいので30分くらいのんびりできました。日々の生活の癒しになります。

一人で今日は一日行きたい所にいくことにして、倉敷も行きますが、初めにここに来たくて来ましたが、ここは和菓子屋も多く、昔の名残で、商店街に多いのは千石船で来た商人の為にお茶を振舞うことが多くその時に和菓子を一緒に出していたのでそのことが今に繋がっているとかと言うことを聞きました。

ここの街並みはとても古くて、昭和を感じるところも多く、問屋で栄えていた新町があります。

玉島町並み保存地区

思い出の羽黒神社

玉島を散策にあたっていつも行く場所がありますが、羽黒神社です。

短大の時に岡山の方に通っていて友達といつも帰りに車で来て、この羽黒神社に参りに来るのを楽しみにしていました。

この羽黒神社は徳川時代に商港として発展したこの玉島の人々は崇敬していました。商売繁盛、福徳成就、縁結びなどがあるので、その時に彼氏のいなかった自分はここでいつも祈っていました。

そのかいあってかわかりませんが、初めて彼氏が出来ました。その彼氏とは結婚には至りませんでした。

でもこれを機にここに縁結びに来るようになりました。友達もここに来て少しして、結婚しました。

そこで私も時間ができるとここに足を運ぶようになりました。

実は羽黒神社は良くきていましたが、街並み保存地区は覚えがないほど行ったのを思い出しても出てこないのでそうだこの回にしっかり街並みを観てまわろうと思い歩いたりしてみようと思いました。

そこで歩いて橋の上に行ってみたり、神社周りを歩いて、石畳のある道や、建物の白壁が綺麗です。そこまで古いなという感じもしないので親近感がわきました。

羽黒神社

海が近いので開けている場所は開放感に満ちていて、地元の方たちが夕方は涼みに出てきていて、商店街は少し穏やかで人通りは多くないものの、昭和の魚屋さんもあったりして道が狭く、人との交流もしやすい感じです。

通り過ぎる時に人と近いのですみませんという感じで、神社の裏の当たりの道は特に狭く、会話も弾んで、初めての人にも声をかけられたりしました。

地元の方は優しかったです。海が近いので魚も美味しいだろうなと思いました。その時は魚が沢山あって大きいなとおもいびっくりしました。

ゆるきゃらのはぐろんも人気キャラクターです。その時は見れませんでしたが。

玉島の歴史と地元の人々の穏やかな感じが安心感があります。祭りも7月終わりの金、土、天神祭をしているということです。

橋から見える風景がすごく好きで、商店街があり、そこにバイクで旅する番組も来ていて私の知っている店も取材されていて、有名だなと思いました。

玉島のこの由緒ある街並みを保存していくのは街を大事にしている皆さんの努力の賜物です。ごみなどもなく綺麗にされていると思いました。

河と海の境が素人なのでよくわからないですが、これは川かしらここは海かしらという感じですが、ゴミも浮いていないのでここの人は自然を大事にしている昔の心を持った方が多いと感じました。

昔のものだけではなく、商店街の石畳の道にあるお店などは素敵な今でも流行っているようなお土産もありで、昔ながらのものだけではなく現在に合った商品もあるのでお土産にいいです

一人で来たので少しこの楽しい感動を今度は誰かと来ることで分かち合いたいです。玉島の歴史と千石船で栄えたこの土地柄を知ることで、また自分の心の栄養になった旅でした。思慮深い気持ちになり癒されました。

タイトルとURLをコピーしました