私がおすすめする九州一の観光地・くじゅう

くじゅう 花 大分県

くじゅう周辺には温泉がいっぱい

九州には別府、長崎、鹿児島など海に面した観光地がたくさんありますが、その中でも大分県のくじゅうは山に特化した観光地です。

くじゅう周辺には、杖立温泉、黒川温泉、小田温泉、筋湯温泉、筌ノ口温泉、湯平温泉、禿の湯などそれぞれ湯量が豊富で個性が強い温泉があり、大小のホテルや旅館、民宿が混在しています。

それぞれの宿泊施設では豊後牛やヤマメなど地元ならではの食を楽しむこともでき、春はタケノコの刺身やたらの芽・フキノトウの天ぷら、冬は鹿肉や猪肉を使ったジビエ鍋、だご汁などの郷土料理を楽しむことができます。

また別府市から湯布院の町を過ぎ、水分峠手前から県道11号に入るやまなみハイウェイは、くじゅうがある飯田高原から阿蘇カルデラまでを望むことができる九州最高のドライビングコースとなっています。

そしてやはりくじゅう最大の魅力は標高1700メートルを超える久住山、大船山が盟主であるくじゅう連山です

くじゅう連山の中の中央に位置する坊がつる湿原には、九州最高地点の温泉旅館である法華院山荘があり、個室での宿泊、グループでの宿泊、キャンプなどを楽しむことができます。また坊がつる湿原にあるキャンプ場で、テント泊する方も多数見かけます。

くじゅう 頂上

くじゅうの見どころ

私はくじゅうに数えきれないほど訪れていますが、6月初旬からの平治岳のミヤマキリシマ、10月中ごろの三俣山の大鍋・小鍋の紅葉、大船山直下の御池(おいけ)の紅葉、厳冬期の牧ノ戸峠からくじゅう分かれまでの霧氷が大変素晴らしいです。

6月初旬から中旬、10月から11月にかけては長者原・牧ノ戸峠のいずれの駐車場も朝早くから満杯になり、週末には長者原から牧ノ戸峠までの路肩にはびっしりと車が並ぶという光景が見られます。

また男池湧水群、吉部、赤川といった登山口からもくじゅう連山を目指せます。長者原には広い駐車場、トイレ、ビジターセンター、食堂やホテルなどがあります。

木道が整備されたタデ原湿原では、春のリュウキンカやチゴユリ、初夏のヒゴダイ、ヒメユリ、秋のサワギキョウやヤマトラノオなどたくさんの高山植物を見ることができます

くじゅう 花

長者原からタデ原湿原経由で2時間半ほど歩くと、坊がつる湿原、法華院山荘に到着します。ここからは大船山までは2時間ほどで登ることができます。

大船山はどの季節でも素晴らしい景色を見せてくれますが、特に10月中旬が最もよく、大船山直下にある御池に映る紅葉の様は息を飲む美しさです。

大船山から段原経由で北大船山へ、大戸越から平治岳への縦走を楽しむことができます。平治岳が一番輝く時期はミヤマキリシマが開花する6月初旬で、大戸越から見上げると平治岳の山肌がすべてピンクに染まって見えるほどです。

あまりにもこの時期に登山者が多いために、登山道は登りと下りに分けられています。

また平治岳山頂付近もミヤマキリシマが群生しており、坊がつる湿原とミヤマキリシマのツーショットを撮ることができます。長者原からは鉱山道路、スガモリ越経由で三俣山へ行くこともできます。

三俣山は4つのピークを持つ特殊な山で、南峰、北峰の中にある大鍋、小鍋という大小の噴火口跡に立ち上がる紅葉は見事の一言です。こちらも見ごろは10月中旬頃となります。

牧ノ戸峠には駐車場、トイレ、売店があり、こちらからは沓掛山、くじゅう分かれ経由で久住山、中岳へ行くことができます。駐車場からすぐ登りあがった展望所からは黒岩山の向こうに涌蓋山を見ることができ、さらに登った開けた場所では阿蘇五岳を見ることもできます

大岩だらけの久住山からはくじゅうの山のすべてを見ることができる絶景も待っています。久住山と中岳の間にある御池からの眺めも良く、正面にたおやかな飯星山、左上に異様な形の天狗が城を見ることができます。

厳冬期には御池が凍結し、池の上を歩く登山者の姿を見かけます。私も何回か歩いたことがありますが、割れないか冷や冷やものでした。牧ノ戸峠からは比較的歩きやすい合頭山や猟師岳へも行くことができお花なども楽しめるので、小さいお子様をいる家族連れにもおすすめです。山の風景を楽しんで、帰りに温泉を楽しめるくじゅう。九州に住む私の一押しです。

タイトルとURLをコピーしました