自然に魅了される夢大吊橋

夢大吊橋 大分県

日本人が好きな景色の中に紅葉があると思いますが、その紅葉を世界屈指の橋から見ることが出来ます。それが、大分県にある「夢大吊橋」というスポットになりますが、紅葉の景色に限らず、橋の規模やその橋がある場所などについて、おすすめのポイントをご紹介していきたいと思います。

夢大吊橋からの景色は紅葉が最高

1つ目のポイントは、冒頭にも記載した通り「紅葉の景色」です。この夢大吊橋がある場所は、大分県の山間部にあり、九州でも有名な耶馬渓という臨場感のある断崖と紅葉を楽しめるスポットの近くにあります

よって、この夢大吊橋から見る紅葉は、非常に深い、渓谷の上から見ることができ、スケール感と深みのある景色に圧倒されます。

また、夢大吊橋へ向かう道中についても、非常に多くの紅葉スポットで溢れており、各所でのそれぞれの景色を楽しんで頂くと、より一層、夢大吊橋からの景色に圧倒されるのではないかなと思います。

さらに、橋の上からの景色はもちろんですが、お金を払えば、橋を渡って、対面の土地へ渡る事が出来ますので、その橋を渡った先からの景色もまた異なる景色のため、非常に魅了的です。

夢大吊橋のスケール感がスゴイ

2つ目のポイントは橋のスケール感です。橋は非常に深い渓谷をまたいで掛けられており、本当に下を見るとぞっとするレベルです。また、横風も多く揺れるのはちょっと怖い人は怖いのかなと思います。

しかし、私も高所恐怖症にどちらかという該当するのですが、ちょっと癖になる楽しさはあります。実際、橋は強固に作られていますし、サイドも金属で柵がされています。下も、ブロックの隙間から景色が見える程度で、下を見る際は、ある程度、身を乗り出してみる必要があります。

なので、割と高い所が苦手な人でも大丈夫だと思います。さらに、小さいこどもなども、一人で橋を渡ったりもしています。かなりの安全性を確保したうえでの橋になっていますので、安心して橋のスケール感を感じてほしいと思います。

夢大吊橋

夢大吊橋近隣の観光スポットも楽しめます

3つ目のポイントは、近隣の観光スポットです。橋を渡ると小さな売店があったり、有名なのは、白蛇を飼育しています。私は蛇が苦手なので実際には触っていませんが、一緒に行った友人は白蛇を実際に触らせてもらえたと言っていました。小さい子供をお連れの方には、めったに見ることが出来ない白蛇なので、非常に良い機会になるかなと思います。

また、橋のスタート地点側にもたくさんの売店があり、特におすすめなのがハンバーガーショップです。ご当地の豚肉や牛肉、なかには、鹿肉を使ったハンバーガーもあります。

これが、非常に美味しく、私はこの夢大吊橋に行った際は必ず買います。山々の景色を見ながら、外のベンチに座って食べるハンバーガーは、今人気のアウトドア飯では無いですが、自然を感じられていつもの倍の美味しさを感じられます。

夢大吊橋はフォトスポットがいっぱい

4つ目のポイントは、写真を撮るにおすすめという点です。橋を渡っている際に見えるのですが、大きな滝が3つほどあります

大きな断崖の中に見える滝は、あまりにも高い位置から落ちるので、すべての水が下の山林の中に消えていく姿が非常に幻想的で魅了されます。山林に天の恵みを与えているようにも見えて、なんか個人的にはほっとする好きなポイントです。

夢大吊橋 滝

また、王道としては橋を正面から撮ると非常に奥行ができ、大きな規模感を感じられます。向かい側へ渡ると、すこし登った場所に展望台があり、そこから見る橋は、唯一30度ほどの角度から見れるポイントです。

カメラにおさまりきれないほどの規模感を写真に撮れるため、お気に入りスポットの一つです。

冒頭では、紅葉の景色をおすすめしましたが、その紅葉のシーズンに限らず、楽しめるのが夢大吊橋のおすすめポイントかなと思います。特に、私がおすすめする季節は夏です。道中も川が流れていますので、清涼な水と川の音が静みを与えてくれますし、外でハンバーガーを食べたりと自然を感じながら楽しめる季節なのかなと思います。

九重“夢”大吊橋公式サイト

タイトルとURLをコピーしました